総量規制対象外消費者金融

総量規制対象外の消費者金融はありません!

総量規制ができてから、総量規制対象外と言う言葉がよく検索されています。総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が行う貸付を、原則年収の3分の1までにした法律です。

 

しかし、この総量規制は消費者金融やクレジット会社などの貸金業者限定となっており、銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業者では無いため、総量規制は適用されない総量規制対象外となるのです。

総量規制の対象と対象外
総量規制の対象 消費者金融・クレジットカードのキャッシング・信販会社
総量規制対象外 銀行・信用金庫・農協・労金などの金融機関

総量規制対象外の消費者金融はあるのか?

総量規制とは貸金業法の法律ですので、対象は貸金業者全てとなります。消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠、信販によるキャッシング貸付は必ず総量規制の対象となり、年収3分の1までしか融資をすることができません。

 

逆に銀行や信用金庫などの金融機関は貸金業者に含まれず、総量規制対象外となりますので、年収3分の1の規制は受けないことになります。

 

しかし、消費者金融でも総量規制対象外のところがある?などの言葉をたまに耳にしますが、総量規制対象外の消費者金融はありません!総量規制対象外となる消費者金融があるのであれば、それは貸金業者では無いことになり、ヤミ金の可能性も否定できません。

 

何度も言いますが、消費者金融会社は貸金業者ですので、必ず貸金業法を遵守しなければなりません。年収3分の1以上かしていれば貸金業法違反となり、行政処分の対象になるのです。

総量規制には例外と除外貸付があります

総量規制対象外と混ざってややこしいのが、総量規制例外貸付と除外貸付です。どちらも年収3分の1以上融資を可能としている貸付であり、この例外・除外貸付を間違って総量規制対象外と思っている人が多いのではないでしょうか?

総量規制例外貸付と除外貸付とは?
総量規制例外貸付 年収3分の1を超える貸付(融資)であっても例外的に認める貸付です。借り換えローンやおまとめローンは総量規制例外貸付として年収3分の1以上でも融資が認められています。
総量規制除外貸付 貸付自体を総量規制の金額に含まない貸付です。その為年収3分の1は関係が無く融資をすることができます。住宅ローンや自動車ローンなどの高額貸付が除外貸付として認められています。

よくあるのは、年収3分の1以上でも借りれる、借り換えローンやおまとめローンです。これは総量規制例外貸付条項で融資をしており、段階的に債務を減らす借り換えや、顧客に一方的に有利となる借り換えは例外的に年収1/3を超えても可能となっています。

 

また、自動車ローンや住宅ローンなどの高額融資はそれだけで年収1/3を超える場合があり、そのような貸付は総量規制除外貸付として、総量規制の計算には含まれないようになっています。

総量規制対象外の消費者金融まとめ

消費者金融は絶対的に貸金業法が適用されますので、総量規制対象外の消費者金融はありません。
総量規制対象外と間違えやすいのは、総量規制例外貸付や総量規制除外貸付です。借り換えローンやおまとめローンは総量規制例外貸付での融資の為、年収3分の1以上でも借入が可能となっていますが、これは総量規制対象外ではありません。