消費者金融審査を通すポイント

消費者金融審査を通すポイント!

消費者金融審査を通すポイント

消費者金融審査を通すには、ある程度決まった条件があります。そこまで難しい条件では無いのですが、この条件を1つでもクリアしていなければ高確率で審査通過することはできません

 

消費者金融の審査に申込みする前に、自分がこの条件をクリアしているか確認することで、安心して審査に申込みできることでしょう。

1.他社返済が遅れている人は審査通過できません

返済が遅れている人は審査に落ちます

これは絶対条件とも言えますが、今現在借入がある人で、その返済を滞納している人は100%に近い確率で審査は落ちます。

 

消費者金融会社は信用情報によって他社返済が入金されているのか、されていないのか簡単に調べることができます。今の信用情報はリアルタイムに近いほど精度が上がっており、返済期日が3日前の情報があれば消費者金融会社は返済をしていないと判断する可能性が高いでしょう。

 

そのことから、返済日当日に申込みするのであれば、他社支払を済ませてから申込みした方が安全と言えるのです。できるのならば、返済したことが信用情報に更新される1日程度開けてから申込みする方が望ましいと言えます。

 

消費者金融の審査では信用情報の審査が、かなりのウエイトを占めています。それほど信用情報の内容によって様々な情報を知ることができるからです。そして、その中でも返済状況の内容については特に厳しく見られるので、返済が遅れていると見なされないよう、他社借入で近い返済期限があるのであれば、できるのらば支払後に申込みすることをおすすめいたします。

2.信用情報に事故情報がある人は審査通過できません

信用情報に事故情報は否決

これも信用情報についてですが、事故情報がある人は、ほとんどの消費者金融では融資否決となります。これは消費者金融に限らず、クレジットカード・信販カード、自動車ローンなども全て審査通過できなくなるでしょう。

 

信用情報の事故情報は他業種と交流していることから、一回事故情報が登録されてしまうと、消える5年間はすべてのローンが組めなくなると言っても過言ではありません。それほど信用情報の事故情報というのは非常に強力なのです。

信用情報の主な事故情報(一部)
事故情報の種類 内容
延滞 返済を3か月以上延滞した時点で登録。
延滞解消 過去に返済を3か月以上延滞後、支払をした場合。
債務整理 弁護士や司法書士へ債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・破産)を依頼した場合。
特定調停 簡易裁判所へ特定調停を申立した場合。
民事(個人)再生 地方裁判所へ民事(個人)再生を申立した場合。
破産 地方裁判所へ自己破産を申立した場合。
債権者法的手続き 債権者側から訴訟などの法的手続きをした場合。

3.借入が年収3分の1以上ある人は審査通過できません

年収の3分の1以上は審査通らない

消費者金融は貸金業者となりますので、総量規制が適用されます。総量規制とは年収の3分の1までしか貸付を禁止とした法律で、2010年6月18日より導入されました。

 

総量規制の制限を受けるのは貸金業者のみとなり、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販のキャッシングになります。その為、仮に年収が300万円の人がクレジットカードから50万円キャッシングをしている場合、残り借りられるのは最大でも50万円までとなるのです。

総量規制の対象と対象外について
総量規制の対象 消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販カードのキャッシングなど、貸金業者全ては年収3分の1までしか貸付ができません
総量規制対象外 銀行カードローン、信用金庫のカードローン、労金、農協などの金融機関は全て総量規制対象外となり、年収3分の1以上でも貸付は可能です。

消費者金融審査を通すポイント まとめ

消費者金融審査まとめ

消費者金融の審査を通すポイントとして、3つの基準を説明しました。この基準はあくまで最低限の基準となっており、実際にはこの基準以外にも、属性の審査や在籍確認の審査などがあります。

 

しかし、多くの人が消費者金融の審査に通過できない理由は説明した3つの基準のどれかに該当していることがほとんどなのです。

 

逆に言えば、他社返済が遅れておらず、事故情報の無く、借入が総量規制の範囲内であれば、多少属性が悪かったとしても、今の消費者金融では審査に通る可能性は充分にあると言えるのです。

 

当然、無職の人は審査に通ることはできませんが、勤続年数が1年未満だったとしても、大手消費者金融で融資を受けられたという口コミは多くあります。

 

もし貴方がこの3つの基準に該当しなければ、消費者金融の審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。貸付成約率が高い消費者金融へ申込みすることで借りられる可能性はさらに上がるものと考えます。


消費者金融審査おすすめランキング!

プロミス
キャッシング 06 120*120 消費者金融審査通過率で選ぶならプロミスがおすすめです。プロミスは消費者金融でもトップクラスの成約率(貸付率)となっています。それだけ審査に通っている人が多いと言える消費者金融なのです。
プロミスの特徴はプロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービス有!平日14時までにWEB契約完了することで即日振込融資も可能です!消費者金融審査ならプロミスがおすすめ!

金利(実質年率)

限度額

審査時間

融資日数

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最短30分

※最短即日

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が条件です。

>>プロミス公式サイトはこちら<<

アイフル
アイフル アイフルは消費者金融でも商品の多さは業界随一!フリーローン以外にも低金利への借り換え専用ローン「かりかえMAX」、女性専用ローンの「レディースアイフル」、実質年率4.5%〜9.5%の低金利ローン「ファーストプレミアム・カードローン」など、多くの魅力的な商品ラインナップによって、借りる人にとって最善のローンが見つかります!
審査時間は最短30分で、即日融資も可能!消費者金融の審査でも人気が高いキャッシング先です。

金利(実質年率)

限度額

審査時間

融資日数

4.5%〜18.0%

1,000円〜500万円

最短30分

最短即日

>>アイフル公式サイトはこちら<<

モビット
消費者金融審査なら抜群の知名度と評判のあるモビットがおすすめ!金利は実質年率4.8%〜18.0%、限度額最高500万円で消費者金融でもトップクラスのスペックとなっています。
モビットの特徴はWEB完結型申込みにより、電話連絡・郵便物一切無く借入することが可能!モビットカードの発行もありませんので、自宅に届く書類は一切ありません!平日14:50までに振込手続き完了で即日融資可能(審査によっては不可もあり)となっており、三井住友銀行グループのモビットとして安心・安全に借りることができます。

金利(実質年率)

限度額

審査時間

融資日数

4.8%〜18.0%

最高500万円

※最短30分

最短即日

※審査時間最短30分は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

>>モビット公式サイトはこちら<<