消費者金融審査通過しやすい

消費者金融審査通過しやすいのは?

消費者金融審査通過しやすい

消費者金融審査通過しやすいのはどこなのか?消費者金融の審査に不安がある人は考えたことがあるかも知れません。しかし、今の貸金業法での審査では、どこの消費者金融でも審査基準はあまり変わらないと言っても良いと思います。

 

なぜならば、消費者金融会社は、2010年6月18日より、総量規制が導入されており、貸付は原則年収の3分の1までしか融資することができなくなったからです。

 

以前までは融資可否の判断は消費者金融がしていました。その為、仮に負債が多い人でも、返済能力があると判断できれば消費者金融は少額で融資を実行していた過去があります。

 

そのような経緯もあり、消費者金融の審査ノウハウは非常に高いものを持っていますが、総量規制によって一律年収の3分の1を超える貸付が禁止となったことで、今までは融資対象だった人への貸付もすることができなくなったのです。このことから、消費者金融では「貸付したくても貸付できない状況」となっており、せっかく申込みがあっても、負債が年収の3分の1以上ある人は、仮に貸せると判断したとしても断らなければなりません。

 

しかし、その逆に負債が年収の3分の1未満だった人から申込みがあった場合は、ある意味貴重な申込みとして、なるべく融資をする方向で考えているのです。

借入が年収の3分の1未満なら審査通過するのか?

年収3分の1未満は審査通過する?

消費者金融会社は総量規制によって、貸付による制限が設けられています。先ほど書いたように、申込みがあっても借入が年収の3分の1を超えていた場合は基本的に融資することができません。消費者金融大手だとしても、申込みのうち、総量規制オーバーをしている人は一定数必ずいるのです。

 

では、もし借入が年収3分の1未満だったら、消費者金融の審査は通過するのか?と聞かれれば、必ず通過するとは言えませんが、今の法規制の中では、多少属性が悪かったとしても、信用情報に事故情報が無く、総量規制の範囲内の借入であれば、消費者金融は積極的に融資をする方向で考えていることは間違いありません。

 

総量規制とは、言うなれば椅子取りゲームみたいなもので、例えば年収300万円の人が今現在借入が無く、初めて消費者金融に申込みしてきた場合、問題がなければ通常は50万円の限度額を設定する可能性が高いです。

 

自社貸付を増やすことがポイント

そうした場合、その人に貸付できる残りの金額は、総量規制によって最大でも50万円までに規制されるのです。もし、最初の1社が100万円融資を実行してしまえば、他の消費者金融会社は基本的に融資することができなくなります。

 

要するに残された貸付枠をいかに自社で融資できるかが、今の消費者金融ではポイントとなってくるのです。


審査通過率を参考にするのも重要な事

審査通過率を参考にすること

消費者金融には審査通過率というものがあります。審査通過率とは、新規申込み者に対し、貸付した人数の割合です。例えば、100人の申込みがあって、貸付したのが50人であれば、審査通過率は50%ということになります。

 

この審査通過率は会社によって違い、当然申込み者の属性にも左右されますので、一概には言えませんが、大手消費者金融で審査通過率(貸付率)は40%〜45%程度です。

 

消費者金融で審査通過しやすいのを探すのならば、この審査通過率を基準に選ぶことをおすすめします。審査通過率が低いのであれば、それだけ審査が厳しいと見ることができますし、審査通過率が高ければ、審査通過する可能性が高いと判断できるからです。

消費者金融審査通過率でおすすめなのはプロミス!

消費者金融審査通過率で選ぶならプロミスがおすすめです。プロミスは消費者金融でもトップクラスの成約率(貸付率)となっています。それだけ審査に通っている人が多いと言える消費者金融なのです。
プロミスの特徴はプロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービス有!平日14時までにWEB契約完了することで即日振込融資も可能です!消費者金融審査ならプロミスがおすすめ!

金利(実質年率)

限度額

審査時間

融資日数

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最短30分

※最短即日

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が条件です。

>>プロミス公式サイトはこちら<<