消費者金融審査でおすすめなのは?

消費者金融審査通過しやすい

消費者金融審査でおすすめなのはどこなのか?消費者金融の審査に不安がある人は考えたことがあるかも知れません。はっきり言いますと、消費者金融で審査でおすすめなのは、大手消費者金融です!

 

大手消費者金融と聞いて、「えっ?」と思うかもしれません。しかし、現実には中小などの小さい消費者金融よりも大手消費者金融の方が貸付率(成約率)が断然に高くなっているのは事実なのです。

 

今の消費者金融成約率(審査通過率)は大手で40%〜45%程度となっており、規模が小さくなればなるほど、審査通過率は低下していきます。中小の消費者金融では成約率は10%以下になっているのが現状なのです。

 

その為、消費者金融で審査を申込みするならば大手消費者金融に申込みするべきだと言えます。

 

 

借入が年収の3分の1未満なら審査通過するのか?

 

年収3分の1未満は審査通過する?

消費者金融会社は総量規制によって、貸付による制限が設けられています。申込みがあっても借入が年収の3分の1を超えていた場合は基本的に融資することができません。消費者金融大手だとしても、申込みのうち、総量規制オーバーをしている人は一定数必ずいるのです。

 

では、もし借入が年収3分の1未満だったら、消費者金融の審査は通過するのか?と聞かれれば、必ず通過するとは言えませんが、今の法規制の中では、多少属性が悪かったとしても、信用情報に事故情報が無く、総量規制の範囲内の借入であれば、消費者金融は積極的に融資をする方向で考えていることは間違いありません。

 

総量規制とは、言うなれば椅子取りゲームみたいなもので、例えば年収300万円の人が今現在借入が無く、初めて消費者金融に申込みしてきた場合、問題がなければ通常は50万円の限度額を設定する可能性が高いです。

 

自社貸付を増やすことがポイント

そうした場合、その人に貸付できる残りの金額は、総量規制によって最大でも50万円までに規制されるのです。もし、最初の1社が100万円融資を実行してしまえば、他の消費者金融会社は基本的に融資することができなくなります。

 

要するに残された貸付枠をいかに自社で融資できるかが、今の消費者金融ではポイントとなってくるのです。


審査通過率を参考にするのも重要な事

審査通過率を参考にすること

消費者金融には審査通過率というものがあります。審査通過率とは、新規申込み者に対し、貸付した人数の割合です。例えば、100人の申込みがあって、貸付したのが50人であれば、審査通過率は50%ということになります。

 

この審査通過率は会社によって違い、当然申込み者の属性にも左右されますので、一概には言えませんが、大手消費者金融で審査通過率(貸付率)は40%〜45%程度です。

 

消費者金融審査でおすすめを探すのならば、この審査通過率を基準に選ぶことです。審査通過率が低いのであれば、それだけ審査が厳しいと見ることができますし、審査通過率が高ければ、審査通過する可能性が高いと判断できるからです。